Entries

イノチノ紙片

 いじめ問題が深刻化する中、教室で起きた子供同士のトラブルを授業の題材にするなど、人間関係を見つめ直す取り組みで、成果を上げている先生がいる。政府の教育再生会議はいじめを繰り返す子供への出席停止の活用などを提言しているが、こうした厳しい措置とは一線を画す試みだ。10日から大分県内で始まった日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)で発表される。

 熊本県大津町立大津小学校で昨年5月、5年生の男児と女児の間で小さなトラブルがあった。昼休み中、ある男児が、消しゴムを借りようとして女児から断られてカッとなり、女児の背中をたたき泣かせた。

 「はい、これを授業にします」。担任の大川勝也教諭(41)は、ざわざわする教室でとっさにそう言った。そして、男児と女児から、それぞれどんな言葉を使ったのか、その時どう感じたのかを聞き、黒板に書き出した。その上で、「どのようにすればトラブルにならずに済んだか、みんなで考えてみよう」と呼びかけた。

 その後も、教室でけんかなどがあれば、クラスの32人全員で原因を考え続けた。それまで目立っていた児童同士の暴言や暴力が次第に減っていった。「クラス全員がお互いの特性に気付き、配慮できるようになった」と大川教諭は語る。

 長崎市立愛宕小学校の山下和英教諭(45)は、勉強などが苦手で仲間外れにされやすい児童が孤立しないよう、グループ学習を続けている。5、6年の計6クラスで、それぞれ4、5人ずつの班に分け、班員同士が分からない所を教えあう形で授業を進める。助けが必要とされる児童が一人でも多くのクラスメートと交流を深められるよう、月ごとに班替えも繰り返す。

 「クラスの何人かの女の子たちが、話しかけてくれるようになり、苦しいところから助けてもらったようで、うれしかった」。周囲から無視されてきた6年女児は昨年6月、いじめを克服した体験を作文にしてクラスで発表した。

 ◆26分科会で議論
 日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)が10日、大分県別府市の別府ビーコンプラザでの全体集会で開幕した。12日までの3日間、全国から延べ約1万2000人の教師が参加、いじめ、学力低下などをテーマに、26分科会で議論する。


(読売新聞)

自殺の原因って、学校に限らずですね。

何者からかのいじめを受けていたからではないでしょうか。


学校に限って こういう事をしているのは大いに結構です


何も問題はありませんが


やっぱり、大人は何もわかってない

子供はそう思うんでしょうね。


少なくとも 子供の私はそう思います



上の記事で言えばですね、実際、あんなのはかわいいもんじゃないんですかね。

あの 消しゴム借りれなかったから怒って

泣かせた くらいは普通に昔からあったでしょうに


わざわざ取り上げるから面倒な事になる



これは実際にある 経験談です いいですか?



例えば 上のようなケース

取り上げられて わざわざ先生が面倒な事をしました

次の休み時間


消しゴムを貸してもらえなかった生徒はどうするでしょう


「お前が貸さなかったから、先生にあんな事言われたんだぞ」

とか言います、大体そうです


言わないならまぁいいんですがね。


これが一般的な流れ


んで、喧嘩にでもなるならまだしも

普通に 一方的に殴るだけでしょうね。


いじめです、完全な



これを止める人がいれば そのクラスは少なくとも安心です


でも、いないのが現状。



それに


これは私の個人的な意見にすぎないのですが



親やら、面倒見てくれてる人やら、先生は揃ってこう言います


「いじめられてるんだったら、正直に言いなよ?」


正直うるさい


言って大事にされるのが非常に嫌なんだ


だから 余計に言えない


例えばだが


「○○にいじめられた」って言うだけで、そいつが退学になるなら別です


でも、どうせそんな事無理なんです



私は クラス変えるかどうかも聞かれました

でもね 気付いてほしい


いじめられるような子は


目立つの嫌いなんです




目立ちたくないから どうしても引き気味になる

クラスだって当然変えるって言うわけない



大体 なんで被害者が

加害者のためにクラス変更までしないといけないのか

わかりやすい説明を求めました



「だって、今のクラス嫌なんだろ?」

ほんとに、何もわかってない



被害者の事考えてるのはわかります


でも、考えてるだけで、本当は被害者の事なんか何もわかってない














生徒の一番近くにいる 教師・担任がそうなんです


そりゃ、教師全員がそうというわけではないでしょうが


一番近くにいるはずの担任がわからない事を、どうして教育委員会やPTAが理解できるのか

いじめ問題に関して、正直な話ここまで取り上げるのは非常にうっとうしい




これは被害者の声です


自殺した人の気持ちがわかる なんて言えないけど

一度は死のうと思った人間です



だから 私は言います

いじめに関して

被害者に悪い面はない


それは 私が体験してきた物に過ぎないけれど

ただ、そういう人間だったというだけで

周囲から孤立させられ、特定の人物から世に言ういじめを受けます



私は面倒な事が嫌いな人間です

だから 私は登校して、普通に人と接していましたが


ただ、少し大人しい人間だっただけです

皆さんの周りにもいるでしょう。


控えめな人


ただ それだけです、何も不審な点はないはずです。



相手の気持ちに立って考える

それもできます

少なくとも、いじめをするような人間よりはできるつもりです。


じゃあ、なぜ被害者になったのか



それは


相手が、人間的に最低限必要な要素をまだ持っていなかったからではないでしょうか?

これはまだ、私の持論に過ぎませんが

テレビやらなんやらの、専門家が言うような適当染みた発言よりは

真実に近い物だと信じています



人間的に幼い人間こそが、いじめを行う

自殺する被害者は大人しい人間に多い



相手の気持ちに立って考えられない人間は、高校生を語らないでほしい


それは、私だって言われるかもしれない言葉だけど

でも、努力はしてます




相手の気持ちに立って考えられる人間

 それは、人間性でもなんでもなくて


   人間として、最低限持っていなくてはいない物ではないでしょうか?


 自分の事だけ考えて、楽しければいい。 
    そんな考えは、人間じゃなくてもできます。


   必要なのは、学力じゃない、知識じゃない。



 人間としての道徳を学ばせる事

    それは、大人の義務ではないでしょうか・・?




  いじめが起きるのは、親の責任だ


      そんな事言うつもりもありません


    加害者が育ってきた環境全てに影響があります。


  当人が、相手の気持ちに立って考える という言葉の意味を


   よく知っているなら、絶対に加害者になるわけはないのです。


 国で、学力低下について話を進める前に、必要な事は


  根本的な道徳教育を、親に義務付ける事、

    不可能かもしれません。


 それに

   親がそれなりの道徳観念を持っていないとできない事です。



 でも、最低限


    それなりの道徳観念を持っている人間がいるなら


 それは、子供に伝えなければいけない


   それは、大人の義務なのだと思います。




 学校教育にだけ頼る親を持っている子供は、


     必ずと言っていい


    「被害者」か「加害者」になります。


  その子供が、大人しい子なら


      「被害者」になり


        活発であれば


          「加害者」になる




これはまだ、私が考えているだけで、
  現実にそうなっているかどうかはわかりません。



      でも、例えばこの通りだとすれば



 今の教育委員会・国の対応は

     
   完全に間違った方向に進んでいるようにしか思えません。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ahisoranews55.blog89.fc2.com/tb.php/9-c3f11247
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

おいなご ファン

Author:おいなご ファン




さくらいろオンライン


徒然なるままに
情報傍受社会における
様々な事柄を
持論を織り交ぜながら
書き綴ります。

あなたは、ニュースを見ただけで、
その情報を「知った」気になっていませんか・・・?


提供楓の幻灯








最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索