Entries

盗用

朝日新聞、読売新聞の記事を盗用 (J-CAST)
2007年1月31日に朝日新聞社がウェブサイトに掲載した記事が、同1月27日に読売新聞に掲載された記事の盗用だったことがわかった。1月31日のJ-CASTニュースの指摘に、朝日新聞社が盗用を認めた。

J-CASTニュースの指摘で発覚
問題となったのは、朝日新聞社のウェブサイトに1月31日0時過ぎに掲載された「寒風にさらし『かんもち』作り最盛期」とのタイトルで、富山県立山町でのもちづくりの様子を伝える記事。これが、1月27日付けの読売新聞の表現と酷似していた。

朝日新聞社広報部によると、記事を書いた記者は「一度記事を書き、読売新聞の記事を見ながら修正を加えた」などと話し、盗用を認めているという。同社は、2月1日昼過ぎに読売新聞に対して謝罪を行ったといい、同日19時30分から、東京・築地の同社東京本社で謝罪会見を行う。以下は、盗用した記事(朝日)と盗用された記事(読売)。




(朝日、1月31日掲載)

「赤、黄、緑など色とりどりのもちを北アルプス・立山連峰から吹き下ろす寒風にさらす「かんもち」作りが、富山県立山町で最盛期を迎えている。富山湾特産のシロエビや昆布を練り込んだり、赤カブやクチナシなどで染めたりしたもちを短冊状に切り、ひもでつないで室内につるす。1カ月ほどさらすと豊かな風味が引き出されるという」



(読売、1月27日掲載)

「黄、赤、緑など色とりどりのもちのカーテンを北アルプス・立山連峰からの寒風にさらす「かんもち」作りが、立山町で最盛期を迎えている。富山湾特産のシロエビや昆布を練り込み、クチナシや赤カブなどで黄や赤に染めたもちを、長さ10センチ、幅4・5センチほどの短冊状に切り、ひもでつないで窓を開けた室内につるす。1か月ほど寒風で乾燥させると、もちの豊かな風味と色が引き出され、サクサクとした食感が生まれるという」


記事の盗用については、もちろん違法行為なわけであるが、私だってそう

前文についてはまぁ、盗用というわけではないが、記事を「引用」している。


当然、「引用」になるわけとしては、「記事の入手元」を明かしているからであろうが、今回の読売新聞のような物は、内容を少し変えただけの物、表現が非常に似ている物を掲載したために、このような事に発展した。



今年に入ってからというもの、報道系列の事件が増えてきている気がしないだろうか。




フジテレビの「あるある大辞典」や「思いっきりテレビ」なんかのでっちあげもそうだが、あれは「視聴者が金を払って情報を得ている」わけではないのだから、もちろんだまされたって文句は言えないわけだ。


しかし、それでも「番組終了」に追い込まれるわけは、やはり「スポンサー」と言う名の「企業」から収入を得ているからなのである。





今回の「新聞」に至っては、もっとひどい。




我々「購読者」から情報料金を徴収しているにも関わらず、このように「盗用」するというのは以ての外であろう。



私は読者から直接収益を得ているわけではないし、だからと言って「違法的」な事はしないつもりだが、
やはり、収益を得ている以上は、それなりの責任を持って情報提供をするべきだと思った。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ahisoranews55.blog89.fc2.com/tb.php/8-41b01887
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

おいなご ファン

Author:おいなご ファン




さくらいろオンライン


徒然なるままに
情報傍受社会における
様々な事柄を
持論を織り交ぜながら
書き綴ります。

あなたは、ニュースを見ただけで、
その情報を「知った」気になっていませんか・・・?


提供楓の幻灯








最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索