Entries

ダンボール

段ボール肉まん:中国のTV局が「やらせ報道」と謝罪
 【北京・大塚卓也】北京市内の露店で使用済み段ボール紙と豚肉を混ぜた具を包んだ肉まんが販売されていたとされる問題で、これを「スクープ報道」した北京テレビは18日夜のニュース番組の中で、「やらせ報道」だったことを認め、「悪質であり、社会的影響を与えた」として視聴者に謝罪した。

 中国食品の安全性が世界的に問題視される中、「段ボール肉まん」が販売されていたとの報道は、日本のメディアや米CNNなどで大きく伝えられ、懸念をさらに高めた。だが、中国の首都のテレビ局によるねつ造と分かったことで、中国マスコミのモラルも問われることになりそうだ。

 同夜のニュースによると、調査の結果、テレビ局のアルバイトがひき肉と小麦粉、段ボール紙を自ら持ち込んだうえ、出稼ぎ労働者4人に「段ボール肉まん」を作るよう指示。自らビデオカメラで様子を撮影していたことがわかった。

 北京テレビの“特ダネ報道”では、露店主は段ボール紙を劇物のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の溶液に浸し、さらに煮込んで柔らかくした上で豚肉と混ぜ、段ボール紙6、豚肉4の比率で肉まんの中身にしていた--という。

 警察当局やテレビ局が調査を進めた結果、「やらせ」が判明した。警察はこのアルバイトの身柄を拘束し、関係者を厳重に処分すると約束した。

毎日新聞 2007年7月19日 0時57分
これを見て、どう思っただろうか。


どこの国でも「やらせ」はあるもの。






というだけではなく


中国という国そのものが既に信用を失っている中で、この報道がなされた。





ペンキ塗装の食品や、釘を入れて重さを増したきのこを輸出したりする中国、既に1980年代にはそれらの食品は中国で一般的に販売され、社会問題となっていた。


現在


他国からの食品輸入品を買い取り、中国の人間は


偽装食品で得た金で



安全な食品を購入し、生活している現状。



日本は中国に米の輸出をしているが、これは全く間違っているとしか思えない。

日本は基本的に食品輸入に頼っているというのに、安全な米を輸出してる場合じゃないだろ。




これは日本だけじゃないけど、中国への食品輸出をストップさせて、中国からの輸入を一定期間断ち切るべきだと私は思う。

中国では偽装が当たり前、北京オリンピック前だから ここまで明るみに出てきてはいるものの、何十年も前からこのくらいの偽装は日常的に行われていたのだから、信用するべき国ではない事は明らかだ。


日本でもこのような偽装は多く見受けられる事を考えれば、信用できる場所なんてないのかもしれない。




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ahisoranews55.blog89.fc2.com/tb.php/22-731cba2e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

おいなご ファン

Author:おいなご ファン




さくらいろオンライン


徒然なるままに
情報傍受社会における
様々な事柄を
持論を織り交ぜながら
書き綴ります。

あなたは、ニュースを見ただけで、
その情報を「知った」気になっていませんか・・・?


提供楓の幻灯








最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索