Entries

5月11日15時58分配信 産経新聞


 「風神雷神II」の事故を起こしたエキスポランド(大阪府吹田市)の山田三郎社長が会長を兼務する「全日本遊園施設協会」が平成8年、山田会長名で、全国の都道府県や市などの特定行政庁あてに「遊戯施設 安全管理マニュアル」を送付していたことが11日、分かった。この中には「コースターの車軸は年に1回以上の探傷試験を実施し、周期を延ばしてはならない」などと記されていた。山田社長が検査内容を熟知していたにもかかわらず、社内に指示していなかったとされる問題が裏付けられた格好だ。

 マニュアルは全122ページで平成8年10月7日に発行され、コースターなどの遊戯施設の管理方法などを規定。保守点検は、日本工業規格(JIS)の検査標準に従って行うことなどを詳細に定めており、吹田市もこのマニュアルを保管しているという。

 エキスポランドは例年1~2月に実施する探傷試験を今年は先送りし、昨年1月末以降実施していなかったが、マニュアルは年次検査に関して「コースターの車軸は年に1回以上の探傷試験を実施し、周期を延ばしてはならない」などと記していた。

 同社の建部淳施設営業部長はこれまで、車軸の探傷試験については規則で定められておらず、自主的に行うものと説明。しかし、その後の調査で誤りを認め、虚偽報告していたと謝罪した。また、探傷試験について、山田社長から実施するよう指示はなかったとしている。吹田署捜査本部は、社内でマニュアルが周知されず、安全管理を怠っていた可能性があるとみて調べを進める。

 マニュアルの作成には、風神雷神IIを製造した「トーゴ」や、エキスポ社の関連会社の社員らも含まれていた。

                   ◇

 菅義偉総務相は11日午前の閣議後の記者会見で、大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」のジェットコースター事故に関し、「遊戯施設の安全確保対策に関する緊急実態調査」を実施すると発表した。総務省の行政評価局が緊急に行うもので、対象は全国の遊戯施設事業者のほか、国土交通省などの行政機関。事業者に対しては、整備や定期点検が適正に行われているか聞き取り調査を実施する。
すでに様々なニュース番組で話題になっている エキスポランドの事故。

日本で初めて ジェットコースターで死傷者が出た事故になりますが


最近 こういった事が多い気がしてなりません。


不二家もそうでしたが、少し警戒心が緩んでるのではないでしょうか?


まず事故があった日のうちに、被害者宅へ社長が行かなかった所からして 人間の命を軽視しているのではないか

私はそう思いますが・・。



この人、自分で決めた点検の規定みたいの 自分で守ってないんですよね。

しかも 確信犯ですから、これは悪意を持っているとしか思えない。



利用者は お金払ってスリルを楽しむわけですが
安全である事が前提で そこにスリルが生まれるわけで

ほんとに危なくていいわけないですもんね。



責任感とか そういうのを最近世間で軽視しているとしか思えない事件が続いてます

騒ぎ立てるのも鬱陶しいと思いがちですが、騒がれても仕方ないし エキスポランドは「休業」ではなく こんな事故・・

むしろ 事件ですけどね、こんな事があった以上は 廃業した方がいいと思います。

自分の決めた事を守れない人に 他人の命を預かる資格はないですから。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ahisoranews55.blog89.fc2.com/tb.php/16-80dfbbc9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

おいなご ファン

Author:おいなご ファン




さくらいろオンライン


徒然なるままに
情報傍受社会における
様々な事柄を
持論を織り交ぜながら
書き綴ります。

あなたは、ニュースを見ただけで、
その情報を「知った」気になっていませんか・・・?


提供楓の幻灯








最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索