Entries

Virus

インフル感染時「小児を1人にしないで」
 愛知県蒲郡市と仙台市でインフルエンザ治療薬タミフルを服用した中学生がマンションから相次いで転落死したことを受け、厚生労働省は28日、タミフル服用の有無にかかわらず、インフルエンザ感染時に異常行動の恐れがあることを、患者や家族に説明するよう医療関係者に文書で呼び掛けた。また販売元の中外製薬(東京)に対し医療関係者への副作用などの情報提供を指示した。

 文書は同日付で日本医師会や日本薬剤師会、都道府県に送付。インフルエンザウイルスに感染すると脳炎、脳症になることがあると指摘し、自宅で療養する場合は(1)異常行動の恐れについて患者、家族に説明する(2)少なくとも2日間、保護者らは小児、未成年者が1人にならないように配慮する-の2項目を求めている。

 タミフル服用と死亡との因果関係については、同省研究班の調査結果などを基に「否定的とされている」と記載している。

 タミフル服用後の未成年者の転落死などは、2004~06年にも計3件報告されている。今回ようやく幅広い注意喚起に踏み切ったことについて、同省は「痛ましい事故が2件続いたので、予防的な意味で可能な限りの措置を取った。対応が遅れたとは思っていない」(医薬食品局安全対策課)と説明している。

[2007年2月28日21時2分]

インフルエンザに関係しての事かどうかはわからないが、これがもし インフルエンザの症状だとすれば 危険極まりない事である。



また、処方薬である「タミフル」の副作用で精神的に不安定な状況に置かれると考えても、非常に危険な事であるものに変わりはない。






2件あってからでは遅いかもしれないが、 私としては非常にいい判断だったと思う、もし本当にそうならば、早いに越した事はないし、1件しか起こっていないケースで「タミフル」の使用を止めてしまう事で インフルエンザ自体の被害が拡大する事のほうが危険だと考えるからだ。



一人にしない というのはいい事のようではあるが、インフルエンザの患者の近くにいて 感染してしまう事だってあるかもしれない。

そこまで心配していてはどうにもならないのだろうが、近くにいる場合の予防法まで説明してあってこその「迅速な対応」と言えるのではないだろうか。


基本的に マスクをして、患者と必要以上の接触をしない限りは感染しないと思われるが、インフルエンザについて私はそれほど深い知識を得ていない。



ただ、インフルエンザに感染してしまったら というよりも、感染しないようにする 事が最も重要であると言える。

人が多い所ではマスクを着用するなど、日ごろから予防をしていれば このような面倒事に巻き込まれる事はないだろう。


ちなみに 体力が低下していると、感染の確率が非常に高くなるそうだ。
適度に運動し、抵抗力さえつけていれば まず心配する事などないだろう。








決して対応が遅かったわけではないが、世間に注意を呼びかける意味で この記事を取り上げた。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ahisoranews55.blog89.fc2.com/tb.php/11-af0fce16
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

おいなご ファン

Author:おいなご ファン




さくらいろオンライン


徒然なるままに
情報傍受社会における
様々な事柄を
持論を織り交ぜながら
書き綴ります。

あなたは、ニュースを見ただけで、
その情報を「知った」気になっていませんか・・・?


提供楓の幻灯








最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索