Entries

Drag

 大阪府吹田市の国立循環器病センターで麻薬系鎮痛薬「フェンタニル」のアンプル(2cc入り)30本が盗まれた事件で、吹田署は15日、同市青山台3、同センター麻酔科の医師・福田稔容疑者(36)を窃盗容疑で逮捕、福田容疑者の自宅から空のアンプル30本を押収した。福田容疑者は容疑を認め、「すべて自分で使った。以前からやっていた」と供述。同署は窃盗の余罪のほか、麻薬及び向精神薬取締法違反容疑でも追及する。

 調べでは、福田容疑者は1月15~29日の間、数回にわたって、同センター3階の麻酔科の金庫に保管していたフェンタニルのアンプル30本を盗んだ疑い。

 フェンタニルは麻薬指定され、毒性が強く、鎮痛効果はモルヒネの200倍とされる。調べに対し、福田容疑者は「疲れた時や寝つきの悪い時に注射した。すべて自分で使うために盗んだ」と話している。

 同署などによると、同センターでは、手術で使用したアンプル本数を麻酔科医が処方せんに記入し、金庫内で在庫のフェンタニルと一緒に保管。福田容疑者は、別の医師が書いた処方せんを抜き取ったうえで、使用本数を実際より水増しした処方せんを偽造して金庫に戻し、在庫本数とのつじつまを合わせていた。

 金庫は壊された形跡がなく、開けるには別室で保管するカギに加え、13人の麻酔科医だけが知る暗証番号が必要なため、同署は内部犯行の可能性が強いとみて捜査。処方せんを照合したところ、本数が合致しないものが見つかり、筆跡から福田容疑者が浮上した。

 福田容疑者は1997年に医師免許を取得。麻酔科医として8年の経験を持ち同センターには昨年6月から勤務、150~200例の麻酔を扱ったという。

                   ◇

 国立循環器病センターの運営責任者の瀬上清貴運営局長らは記者会見し、「(福田容疑者は)まじめで有能な医師だ。従来は、内部犯行を想定した対策は講じていなかった。改めておわびしたい」と謝罪した。

(2007年2月16日 読売新聞)

自分の職場から、物を盗む事はよくある事なのかもしれない。


それはあってはならないが、当然可能性としては有り得る事だ。




しかし、それが「医療」の現場であれば話は別だ。

有り得る環境である事すらあってはならないのだ。





 麻薬に取り付かれれば、どんな手段を使ってでも手に入れようとしてしまうのだろう、これは彼だけの責任では済まされない。



   明らかに、病院の管理体制事態に不足があったと言えるだろう。


      真面目な性格の人間ほど、麻薬等に手を出しやすいそうだ。


  どこかで、たった一欠けらでも まともな部分が欠ければ、それは壊れてしまう


     麻薬に限った事ではないが、「普段はあんなにおとなしいのに」

 とか、そういう期待を・・、信頼をかけられている人間ほど脆いものはない。



   人間を外見だけで判断をしてはいけない

       それは、相手に対しての気遣いでもある

     自分が痛い目を見ないためだけじゃない。


 人間を外見だけで判断して、最初からそうと決め付けて接すると、必ず相手は傷付く

     まず、相手の事をよく知ってから それからその人の人間性を導き出す事が大切と言えよう。






  話は戻るが、 この場合のミスは明らかに病院側だ。


    内部の犯行を想定していなかった などは以ての外だと思うし、

      何より、病院内の人間関係で 犯行に至った人物自身に、強い期待や・信頼を持ちすぎていたのではないか。

   そう思うと、悪いのは世間全体のような気がしてならない。


  悪い事をした当人が悪いのは当然だが、そうさせる状況を作る 周囲の環境こそが、最も悪い要素だと そう思った。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

4件のトラックバック

[T1] フェンタニルについて

フェンタニルフェンタニル(Fentanyl)は、主に麻酔、鎮痛の目的で利用される合成麻薬でオピオイドの一種。クエン酸フェンタニルの注射液(商品名:フェンタネスト)は麻酔、鎮痛に使われ、フェンタニルを有効成分とするパッチ薬(商品名:デュロテップパッチ)は癌性疼痛に

[T2] 国立循環器病センター

国立循環器病センター国立循環器病センター(こくりつじゅんかんきびょうセンター、National Cardiovascular Center)とは、 厚生労働省直轄の施設等機関で、6つの国立高度専門医療センターの一つ。厚生労働省組織令第150条に基づいて設置され、循環器病

[T3] フェンタニルについて

フェンタニルフェンタニル(Fentanyl)は、主に麻酔、鎮痛の目的で利用される合成麻薬でオピオイドの一種。クエン酸フェンタニルの注射液(商品名:フェンタネスト)は麻酔、鎮痛に使われ、フェンタニルを有効成分とするパッチ薬(商品名:デュロテップパッチ)は癌性疼痛に

[T8]

フェンタニルフェンタニル(Fentanyl)は、主に麻酔、鎮痛の目的で利用される合成麻薬でオピオイドの一種。クエン酸フェンタニルの注射液(商品名:フェンタニル(旧商品名:フェンタネスト))は麻酔、鎮痛に使われ、フェンタニルを有効成分とするパッチ薬(商品名:デュロ
トラックバックURL
http://ahisoranews55.blog89.fc2.com/tb.php/10-b72501b6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

おいなご ファン

Author:おいなご ファン




さくらいろオンライン


徒然なるままに
情報傍受社会における
様々な事柄を
持論を織り交ぜながら
書き綴ります。

あなたは、ニュースを見ただけで、
その情報を「知った」気になっていませんか・・・?


提供楓の幻灯








最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索